You are here
Home >

クラシックギターの弦に用いられているのは、ガッド、ナイロン、フロロカーボン、などです。また、クラシックギターはスパニッシュ・ギターやガッド・ギターとも呼ばれています。呼び方や素材の持ち味を活かしたクラシックギターの奥深さを追求したいと思います。特にクラシックギターレッスンを東京でお考えの方にはおすすめの教室も紹介します。

クラシック・ギターの多種多様性

クラシックギターは、その名の通りクラシック音楽に使われる弦楽器に属しています。弦楽器に限らず各分野に分けられるものは、それに属する種類と認識されてるため、一般的に見た目を重視する傾向があります。しかし、このクラシックギターに関して言えば、むしろ形は様々であり、特定の音楽ジャンルに固定せず様々な分野で用いられています。クラシックギターと呼ばれるものをいくつか見ただけでも、そのスケールやボディ、サイズなど様々なものがあるため、全く異なることに驚きます。このようなことから、クラシックギターとは、どのように見分ければいいのか難しく思ってしまいます。しかし、基本的にはガッド、ナイロン、フロロカーボンなどの弦が張られたギターのことなのです。それを踏まえて考えてみると、ケールやボディ、サイズなどの違いは音楽の種類により使いわけられることがわかります。

6本の弦からなるクラシックギターレッスンを東京で

クラシックギターは標準的に弦は6本です。しかし、これらは多種多様であるとともに、実に柔軟性すら感じる型にはまらない、幅広ささえ感じます。それは例えば、一般的に使われている楽器は元々その楽器に備えられている音域以外、奏でることは困難でありタブー視されています。しかし、クラシックギターの中で低音弦を補足したりする、という音域の変化を加えることはタブーではないのです。また、特徴的ともいえるネックは、基本的にはマホガーニなどの木材を使っています。また、エレクトリック・ギターやアコースティック・ギターとクラシックギターは異なります。それは弱いナイロン弦を使用するために、ネック列そのものが少ない、という理由があげられるからとも言われています。

指板やボディ素材と音楽性について

クラシックギターの指板は、一般的には黒壇や紫壇を使用しています。ボディには、素材は木材を用いられています。クラシックギターを使って奏でるポピュラー音楽としては、ボサノバやタンゴ、ジャズやカントリーなどがあげられます。このようにハイテンポのものから、クラシックギターという名からも想像出来るような、落ちついた曲調のものや、まるで情景や感情を激しく表すような曲調のものなど、多種多様に表現された曲の中に、クラシックギターは多彩な音色を奏でます。このようなことを理解していくと、その土地や風土の表現方法の一つとして自然に用いられているのにも納得できます。意外なことに1950年代に日本では、古賀政男の曲をクラシックギターで弾くことが流行っていました。クラシックギターレッスンを東京でお考えの方はこのあたりも参考に。

Top