定年後の計画はどう立てていますか。東京でお住まいならクラシックギターをレッスンするのがいいですよ。楽器を演奏しているほうが認知症の予防になります。やはり、指を使って演奏するのが脳の血流をアップさせます。簡単な曲から難しい曲までいろいろありますので、どんな方でもクラシックギターの世界に浸ることができます。

クラシックギターレッスンを東京でするには

東京では住宅事情もあり、中々音を出す環境がありません、そこでクラシックギターレッスンを東京でできる場所を探しましょう。ギターの魅力はなんといっても柔らかい音です。きちんと調律していないとあの音はかもし出せません。機械で調律できるのですが、自分の耳を頼りに調律してみましょう。音叉を鳴らしながら、その音に合わせていくんです。あった時の気持ちよさはたまらないです。機械で合わせては味わえない感覚です。楽しみながらクラシックギターを習うのですから時間がかかってもいいのではないでしょうか。試行錯誤が楽しいのです。こうして自分の感覚器だけで調律されたクラシックギターは、なんとも愛くるしいものになります。まるで生きているかのように音を奏でます。簡単な曲でも弾けた時には感動します。毎日弾くことが大切です。電気がいらないので、どこでも思った時に弾けるクラシックギターオススメです。

自分の爪で弾きます

アコースティックギターは、主にピックで弾きます。でも、クラシックギターは、自分の爪を手入れして弾くのです。爪の形、爪の強さでも音が変わってきます。身体全体を使って奏でているんです。定年後は、特にお客様などがいないので、爪も伸ばせます。この時期だからこそ、思いっきりクラシックギターの世界に入っていきましょう。爪の硬さもマニキュアを厚く塗っていくことで少しずつ強くなってきます。形も特別なヤスリで削っていい音の出せる爪に変えていきます。とても人間的な楽器です。たとえ、同じクラシックギターでも弾く人によって音色も変わるのです。人によって変わるなんて、ますます愛着が出てきます。長く使っていると音がギターに馴染んでくるところもいいです。

できるならある程度いいものを

クラシックギターは、高価であれば高価であるほどいい音色がします。木の材質もぜんぜん違うのです。初めは、安いものからという方もいますがあまりおすすめしません。できれば10万くらいのクラシックギターがいいです。一生使えるものを購入することが大切です。あまり安いと破損などしてしまうからです。できればいい先生を見つけてください。やはり、独学ですとくじけてしまいます。難しいことも多く素人ではわからないばかりかやになってしまいます。何人かのコースのほうが安いのですが、個人授業をおすすめで、わからないことがすぐに聞けます。独学ですとすぐに止められますが先生がいるとそう簡単には止められません。一生続けることが出来ます。いかがですか?

音楽を始めたいという人や、久しぶりに行う人にも優しくい丁寧に指導させていただきますので一緒に楽しみましょう。 東京都江戸川区船堀と港区麻布十番にある初心者から上級者まで対応可能な総合音楽教室です。 ソルフェージュ・システム・メソッドによる有効性の高いレッスンシステムが特徴です。 それぞれの方に合わせたクラスと充実の音楽学習設備を設けています! クラシックギターレッスンを受けるなら東京にある【小林音楽教室】

Top